スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルト駆動のX軸Y軸の送り量の計測。

少し調節をして、ベルト駆動としたX軸Y軸を計測してみました。





X軸はベルト2本、Y軸はベルト1本。

ベルトの取り回し方、張り具合等でも正確度は変わると思います。

何も負荷をかけていないこの状態での計測ですから、加工時の切削負荷が掛かると各部はよりたわむので、こんな精度で加工はできないと思います。


設定したStep/Unit自体割り切れる数字にはならないので0.1mm送ったとしても、実際に0.1m分のパルスがPCから出ているわけではありません。(近似値)

角度正確度が厳密に保証されているわけではないマイクロステップですが、1パルスでの送り量の設定を細かくできるので、より高マイクロステップが欲しくなります。


ベルトをこのように使ってみて、ベルトにもバックラッシュみたいなものがあるのに気づきました。

バックラッシュを殺す仕組みも、考えておかないと、、、。

取り敢えず、Mach3にはバックラッシュ補正(SmoothStepperも対応してる様子)の機能があるのでしばらくはそれで対処かなぁ。。

バックラッシュや、その他のガタは、あまり電子的に解決したくはないので、機工的になんとか、納得のいく範囲内には納めてみたいです。



ボールねじとかでも、等級の高い与圧を掛けたものでないかぎり、バックラッシュはあります。

高価な部品でも、取り付け方法、取り扱い方法が悪いとその部品の性能を発揮できないと思います。



逆に安価な物でも、取り付け方法と調整方法を工夫することによって、信じられない位の能力を発揮します。

ここが機械部品の面白いところで、突き詰めていくと、単なる工作機械が道具に変わっていきます。



木製CNCルーター程度でしたら、ボールねじを使っても、機械部品メーカーが出している精度の高い台形ねじ、三角ねじを使っても、加工精度は余り変わらないのでは?と思います。
送りの正確度が高くとも、刃物の切れ等、その他の要因に左右されてしまうので。。




今回の送り量の動画ですが、基準寸法を10mmにしての計測です。

Mach3の10mmと現実の10mmを大体あわせてみました。


ですから、加工範囲全域においてこのような送り精度が出るわけではありません。
100mm、200mm動かせばもっと誤差が大きいはずです。




実際の加工時は、加工する品物のこの寸法は譲れないとゆう寸法をターゲットにして、その他の部分は寸法的な余裕(逃げ)を作って設計を行うのが良いと思います。



ただ単に、ステッピングモーターを使用して、コンピューターからコントロールして加工、とゆうことは割りと簡単にできるかもしれませんが、寸法精度を出しての加工となると、とたんに敷居が高くなってしまいます。







動画を撮っていて思うことですが、案外動画って信憑性がないなって。。
TVShowとかでもそうなんですが、作製側が意図的に細工ができてしまう。
細工するのが面倒なので、そんなことはしてませんが、ただ単に今回UPした動画だけを見た人はベルト駆動って、こんなに正確に動くと勘違いしてしまわないとも限りません。。
調整方法と、測定方法次第では、こんな感じにもなる、程度で見ていただきたいです。。






スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ベルト駆動って正確

こんばんは

> ベルト駆動って、こんなに正確に動く

この事は全ての駆動装置
ボールネジ、タイミングベルト、ワイヤー・プーリー
等の駆動全てに言えますが
華奢でガタガタな無調整な装置では精度は望めないでしょうね

上記全ての駆動にて
工業用の装置などに利用している物も多いです
中でもタイミングベルトにて繰り返し精度を高精度で実現している物も多いです
直動ロボットなど工業用にて可成り利用しました
軸受けなども良い物を使用しています
0.01mmの再現性もあります

凄く重負荷にはベルト駆動では何本も同軸に掛けたりしています

ボールネジとタイミングベルト駆動の物も大変多いです
省スペースとトルクアップなどの効果と思います

v-8

動画は編集して作為的に良いとこだけアピールしたり
悪い所だけ強調したりやろうと思えば出来てしまうかも

写真でも同様と思います

でも、悪い事を考えたらキリがないでしょうから
情報を利用する方の切り分けする力で蓄積していけばと思います

現在の放送関係のやらせ等
作為が見られたら近づかなければ良いと思います
自分の為になる情報を沢山吸収していった方が良いですね

此からも沢山情報を発信していって下さい
楽しみにしていますv-16

Re: ベルト駆動って正確

こんばんは。

> この事は全ての駆動装置
> ボールネジ、タイミングベルト、ワイヤー・プーリー
> 等の駆動全てに言えますが
> 華奢でガタガタな無調整な装置では精度は望めないでしょうね

SECさんの仰るとおりで、Y軸の送りと、X軸の送りにどうしてこれだけ差がでたか、を考えるとそうゆうことなんだろうと計測時に思いました。

> 凄く重負荷にはベルト駆動では何本も同軸に掛けたりしています

予算の都合上Y軸分のベルトとプーリーひとつづつしか買えませんでした T.T
これが大きな敗因です。

手持ちの計測器等の限界はありますが、木工用だからといって変な妥協をするつもりはありません。



> 自分の為になる情報を沢山吸収していった方が良いですね

そうですね。
発信する側として、なるべく誤解のないようにその事柄の情報を書いとかなければ、とも、思います。


> 此からも沢山情報を発信していって下さい
> 楽しみにしていますv-16

ありがとうございます。
これからもご指導のほう、よろしくお願い致します。

Re: Re: ベルト駆動って正確

書き忘れましたが、ベルト駆動の繰り返し精度はものすごいです。。
ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。