スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SmoothStepperを購入

smoothstepper.jpg
結局購入。

購入はWarp9 Tech DesignのContactUsから、

USBSmoothStepper一つ販売してください。私はPaypalで支払えます。支払方法と送料を教えて下さい(もちろん英語)

と、メールを送信。

翌日、ペイパルの支払方法とクレジットカードでの支払方法がメールにて届きました。

ケーブル類は必要でないですか?とも書いてありました。

ペイパルで支払手続きを行い、向こうからFedexで送ったよメールが届いてから3,4日で到着。

SmoothStepper自体のお値段はそこそこですが、航空便とゆうことで送料がちょっと、、って感じ。

複数購入して数で割れば、とか思いますが、そんなにたくさん要らないし、、、、。。。


ドライバをインストールし、Mach3にプラグインを入れとりあえず作動させてみました。

オシロスコープにて信号を観察してみましたが、オシロスコープの波形ではSmoothStepperがスムーズか?とゆうことはさっぱりわかりません。←当たり前。

USB接続だからとゆうことで、適当なGコードをMach3にて走らせて作動状態としながら他の作業もできるのか?と、調子こいてPCを操作していたら、、、、


USB SmoothStepperは、移動の途中でデータが不足しています。
これは、Windowsがユーザーインターフェイスに時間がかかり過ぎて、それがデバイスにデータを送信することができないことによって引き起こされた可能性がある。
以下略

とゆうダイアログ(実際は英語)が出て、Gコードの再生が途中で止まりました。

USBだからといって、そんなに多くのデータをバッファに貯めておけないようです。

上記に対しての追記。。
再現性はありませんでした。

動画を3~4枚動かし、アクロバットリーダーにて数枚のPDFを開き、Mach3のツールパスウインドウでグリグリしても、問題なくGコードを再生できました。

追記終了


Pokeys56Uのパルスエンジンを使ったあとでのSmoothStepperの感想ですが、Pokeys56UがUSB接続の外部インターフェースって感じなのに対して、SmoothStepperはUSB接続のパラレルポート(もちろんMach3専用)って感じです。



入出力ポート類の設定も、何しろ基板上のコネクタがパラレルポートそのもの。。

説明書の記述ではパラレルポートよりより高い周波数のパルスを出せるようです。

パラレルポートから直接駆動させても、SmoothStepperを使ってUSB接続として駆動させても結局のところCNCマシン作動時にはPCを一台専有してしまいます。
多分、USB接続のその他インターフェースも同じだとおもいますが、、。


追記。
他、ソフトウエアを使用しながらでも、使用できるようです。
ただ、加工が失敗すると材料が勿体無いのでどちらにしても、私は加工時にはPCをあまり触らないと思います。。
追記終了。


ShapeOkoやReprapのように、Arduinoベースの外部コントローラーだと、どんな感じなんでしょうか?



色々あるのでどれが良いのか迷ってしまいます。。



パラレルポートを使っていて、とりあえず問題なく加工できるのでしばらくは現状維持かな、、、。。。







スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

パソコンの馬力

こんにちは
当然パソコンはそこそこ早い物を利用していると思いますが

スペックをお知らせ下さい
後は走らせたプログラムをお知らせ下さい

こちらでも再現するか試してみます

---------------
波形はデジタルストレージオシロスコープなら
拡大して細かいピッチも観察できます
モーターの音も参考になります
従来の物と比較して可成りの変化があります

Re: パソコンの馬力

こんにちは
パソコンはMacMini
CPUはCore2duo P8600  2.4GHz

プログラムはPDF数枚を開きながらScratchとゆう子供向けのプログラム学習ソフト。

こっちでも、再現性はありませんでした。

Mach3内のツールパスの3Dをグリグリしても再現せず。


同じダイアログが出ないかと、試してみたところGotoZeroボタンを押して、軸がOに戻る前にGコードのファイルを開く、すると同じダイアログが出てきました。
これは何度やっても、です。
しかし、Gコードを走らせている時にさらにGコードを読み込もうとしても読めないので、実際の加工では問題ないと思います。

通常運用時、あまりしないかもしれない操作かもしれません。

文章を訂正しておきます。


1μS以下のパルスが出せるのには驚きました。
大抵のモータードライバの受けられる最大周波数以上の信号が出ちゃいますね。



再現しました。

設定として
SmoothStepperConfigにて、ControllerFrequencyを4kHzに設定。
Gコードを走らせた状態もしくはGoToZeroボタンを押し、軸が動いている最中にMach3のウインドウ上部のウインドウを動かす所をマウスの左クリックで長押し(ドラッグ?)すると、確実にダイアログが出てEStopが掛かります。

SmoothStepperConfig内のWachdogの数値を最大値の3.1にすると、少しダイアログが出てEStopが掛かる時間が長くなるような気がします。

プラグインダウンロードのページに、

- 固定ウォッチドッグタイマのタイムアウト問題Machは延長時間のためのプラグインに話を停止したとき。画面をロードしたり、ウィザードを実行するとき、これは一般的に起こります。

とあるように、既知の問題のようです。

コントローラー周波数を4kHz以外にすると、このダイアログは出て来ません。

PCの性能差も、あるのかもしれませんが、SmoothStepperConfig内の説明に(機械翻訳ですみません)


引用

The Controller Frequency

The Controller Frequency controls how many times per second the velocity is updated when outputting pulses.
コントローラの周波数のパルスを出力するときの速度がどのように更新されるか多くの秒あたりの回数を制御します。

This setting has trade offs, At higher frequencies,the motion should be smoother because there are more velocity updates per second.
この設定は、トレードオフがあり、毎秒以上の速度の更新が存在するため高い周波数では、動きがスムーズでなければなりません。

But at higher frequencies the negative aspect include lower resolution (probably a minor point), a smaller data buffer, and more demands on USB bandwidth.
しかし、高い周波数での負の側面は、より低い解像度の(おそらくマイナーポイント)、小さいデータバッファ、およびUSB帯域幅の詳細な要求が含まれています。

At 250Hz, up to 4 seconds of data can be queued up, Each doubling of frequency halves thebuffer length, so at 500Hz, 2seconds can be buffered, 1kHz, 1second, etc.

の時に、データの最大4秒までキューに入れることができ、周波数の各倍増を500Hzでそう、thebufferの長さを半分にし、2secondsがバッファリングすることができ、1kHzで、1秒、等

引用終わり


とあるので、4kHzだと0.25秒分のデータしかないので、データが足らなくなって、、なのかもしれません。

また、ウォチドックの項目に(機械翻訳ですみません)

引用
ウォッチドッグ
プラグインは、下記時間内のデバイスとの通信に失敗した場合、ESTOPをデバイスにトリガされます。

時間は秒単位であり、第2四捨五入により小数点第1位まで表示しています。最大値は3.1秒です
引用終わり

ともあります。



ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。