スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USB接続のCNCインターフェース。

USB接続のCNCインターフェースを選ぶのは結構悩みどころです。

USBCNCインターフェース基板によって、CNCコントロールソフトウエアが決まってしまうので。。

http://www.planet-cnc.com/

http://www.edingcnc.com/


上記2つのものは専用コントロールソフトウエアを使います。

CNCコントロールソフトウエアのMach3を、プラグインを使用し利用できるものは幾つかあります。高価な物から安価な物まで。。

私が実験的に使用するために購入したプラグイン自体がアルファリリースな、Pokeys56なる、超安めな物も。。

Mach3用となると、価格対性能でいくと、SmoothStepperが、とても魅力的です。

また、多分構築にはお安めなArduinoを外部CNCコントローラーとして使うGrblとゆうArduino用のソフトウエアもあります。。



本当は、ソフトウエアを選ばないUSBインターフェース基板が理想なんですが、そんなものがないのも事実。。


現状、パラレルポート出力で困ったことはないのですが、データの移動等、面倒なのでUSB接続もいいかな?なんて思い始めてます。

円高のうちにSmoothStepperが、本当にSmoothかどうなのか、検証してみたいなぁ。。














たぶん、パラレルポートインターフェースを使用し、オープンソースなLinuxCNCを使用するのが最安値であろうと思います。
逆にLinuxCNCはリアルタイムに重きを置いているので基本USBはサポート外だったような気がします。。

※最近では、hidcompのようなUSBを使用したhalの追加コマンドとか、ArduinoをLinuxCNCの入出力に使う動きがあるようです。
やはり皆考えることは同じようです。ただし、LinuxCNCの場合、halのおかげでCNCマシンに限らず制御モデルさえ作ってしまえば色々な制御ができるようなので、LinuxCNCのUSBインターフェース化には期待が大きいです。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Arduino LinuxCNC

此の検索やリンクで引っかかる所では
頑張っていますね

チープな環境で趣味を高精度で楽しむ環境がもう少しで手に入る予感

パソコンを専用にこしらえても良いと瞬間思いましたv-8

Re: Arduino LinuxCNC

こんにちは。

この動きは必然的なものだとは思います。

上記のリンクを見ていると余り手をかけずにLCDやエンコーダーその他入出力を追加できそうなので創意工夫を凝らせばものすごいものができてしまうと思います。

ArduinoもARMコアなDueが発売されたことですし、他ARMコアなより高性能なマイコンへも、移植が容易になるのではないかな?と期待しています。

Pokeys56でもパルスエンジン以外の部分では、割に容易にLCDやその他色々入出力を追加できそうです。
(パルスエンジンを使って出力計測中に何度かMach3がリセット、、、。)
ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。