動かすだけなら、、、。

CNCマシンを作って動かすだけ、なら、そんなに難しくはないと思いますが、正確に加工しようとすると結構大変です。。

キットタイプなCNCマシンの場合(金属製木製問わず)調整が必須だと思います。
調整の具合により、加工された品物の精度が大幅に変わってきます。


調整に必要な測定器、、、、正確なものほど、、高価です T.T

ノギスやスコヤ、ダイヤルゲージは必須だと思います。。



大きなテーブルを持ち、大きな加工範囲のCNCマシンは更に調整が大変である程度で収めとかないと収集がつきません。

CNCマシンを作る前に、どのような加工物をどのように加工するかをきちんと決めておかないと無駄に大きく正確に加工できない機械が出来上がってしまいます。。




加工範囲が小さければ小さいほど、寸法の正確度も出しやすく、調整に手間が掛かりません。


文字の切り抜きや、看板みたいなもので、デザイン重視なものであれば、0.1mm単位の正確度は必要ないかもしれないので逆に大きな機械のほうが良いのかもしれませんが。。


ベルト駆動なCNC、調整が面倒だ、、、、











スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ