スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pokeys56Uのパルスエンジンを測ってみる。

買ったまま、放置していたPokeys56U。

ようやくUSBにつないでみました。

出力端子にそのまま繋ぐのではなく、マニュアルPDFの指示通りの抵抗値にてプルアップ。

出力端子によって抵抗値が違うものがあるのはなぜだろう??




こんな感じなパルスが出ました。


最大ステップパルスが25kHzなので、1パルスの周期は40μs。

信号のHI部分が丁度20μsです。


分かっていたことですが、高マイクロステップに設定したステッピングモータードライバを使用し、各軸の送りをピッチの小さなネジを使用すると動作がとても遅いです。

今試験中のベルトドライブな木製自作CNCルーターであれば、そこそこ、かも。



当然のことながら、4MHzと書いてあるSmoothStepperには敵うはずもありませぬ。(値段も違いますし。)


その他USB接続なモーションエンジン搭載基板はどうなんでしょうか?

ドライバICの性能をフルに使うことができるのでしょうか??


しかし、マトリクスキーボードや、LCDの設定などなどがあるので、何かに使えそうです。

このPokeys56のMach3パルスエンジンプラグインはテスト用のアルファリリースなので、今後に期待です。

端子台付きを買ってみたのですが、余り使いやすくない、、。


USB接続なこの手のモーションエンジン付きインターフェース基板って、制御用ソフトを限定されてしまうので余り好きではありませんが、時代の流れには逆らえないと、、手を出してみたわけです、が、、、。


ところ、で、SoothStepperのMach3のプラグインは、ベータリリースのまま??


スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。