スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木製自作CNCレーザーカッター

BuildyourownCNCさんが、CNCレーザーカッターを!。しかも木製。



プロッタそのものな動きです。
多分私はレーザーには手をださないと思いますが、その制御方法には興味が有り。





DiY. How to build a homemade Router Laser CNC.
上記のページでは、プリンターを使いCNCレーザーカッターを構築してます。



レーザーの出力によって、結構加工速度に差が出ますね。

BuildLog.Net
このサイトでは、オープンソースなレーザーカッターについての結構詳細な記述があります。
制御にはMach3をしようしているみたいです。

ReprapのWikiにも、Laser Cutter Notesとして、レーザーについての記述があります。

DIY CNC CO2 Laser Site
このサイトの方はより大きな出力のレーザーにて金属板をカットされてます。
コントロールソフトにはLinuxCNC(EMC2)を使用してるようです。


薄物であれば、レーザーカットは切削加工に比べ加工速度が速く(レーザーの出力によりますが)魅力的な部分がありますが、木工加工での利用を考えると、切断面が焦げて黒くなってたり、???な部分もあります。

切削加工を行うCNCマシンよりも、駆動に使用するステッピングモーターの負荷は少ないと思いますが、レーザーの出力により、超高速移動が必要となるかも。


電気溶接のアークと一緒で余り目にはよくなさそうですねぇ。。。。






スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

悩み

2度目の投稿になります。
カテゴリ的にはこの投稿が一番近いかなと思いまして。
ジグメインでの使用マシンの自作を考えています。12mmのコンパネを精度良く切り出しがなりより重要なのですが
2軸制御で反動や機械の剛性をそこまで考えずに作成できそうなレーザーカッターが自作には適しているのかなと思ったのですが、12mmの合板を切り取れるパワーは現実的ではないのでしょうか?

んんん。。

書き込み有難う御座います。

必要な出力もさることながら、調整が難しそうで手を出しかねてます。
また、レーザーカットによる焦げも。。

ジグの作成用とのことですが、数と数量によります。>レーザーの導入。

現状、そこまでの余裕がないのと、カットだけ、ではないので切削です。。


刃物切削抵抗に対する反力もさることながら、レーザーカッターの高速移動時の加速、減速のモーメントも結構なものになるような気がします。。



早速の返信ありがとうございます。
なるほど…イメージが湧いた気がします。
レーザーカッターにも考慮しなければいけない点があるのですね。
ちなみにあきらさまが自作しているCNCルーターは合板であればどの程度の精度がでますか?

Re: タイトルなし

切削加工もそうですが、多分レーザーでも調整の手間はあると思います。
どちらかとゆうと慣れた切削加工のほうが何がどうなってるか想像がつきやすいので。。



加工物の大きさにもよりますし、設定、加工手順でも変わってくるので「これだけの精度、正確度」とゆう明言はできかねます。

移動距離に対するフィードバックをかけてないので最大加工精度は送りの精度以下になります。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=L-2-gd-lGIc
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=tZXjxqlMrBo

どうしても、精度を追いたいのであれば、現状では加工してみて、計測、Gコードを調整、加工、計測、、、を繰り返し、、です。

フィードバックがなくとも、繰り返しの位置決めの正確度はかなり高いので。

http://yahoo.jp/box/ksdykp

のPDFの最後のほうに簡単な作動、調整を載せてあります。


ところで、どの程度の精度、正確度が必要なのでしょうか?

なるほど、ど素人で申し訳ありません。
熟読してみます。
精度的には組み用のジグも作りたいので0.05-0.1までは許容範囲かと思っています。

Re: タイトルなし

> 熟読してみます。

大抵のことはブログや、UPしてあるテキスト等に書いた覚えがあるので(散文ですみません)探すの大変ですが、読んでみてください。。



> 精度的には組み用のジグも作りたいので0.05-0.1までは許容範囲かと思っています。

結構テキトーに調整しても、結構な精度、確度がでてしまうので、なんとかなるのでは?と思います。
一定以上の能力を、、となると途端に難しくなりますが。。

もちろん精度、確度は送りネジの精度、確度に依存します。。

フレーム剛性については、切削抵抗に対向するだけの剛性が必要です。
切削速度、切込み量等々により、切削抵抗は変化しますので、剛性がなければ、切込み量を減らし、切削速度を遅くするだけです。

とりあえず、アップグレードできそうな部品を使用し、作ってみるのをおすすめします。


得るものも大きいと思うので。。



ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。