スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きめのCNCルーターフレームを組み立ててみた。

A3CNC

ガントリ周りのY軸Z軸をなんとか組み立てたのでX軸に載せてみました。

結構でかいです。まだテーブルを載せてないにも関わらず持てません。。

移動時は確実にテーブルとX軸部分と、ガントリ部分の3分割です。

まだ、これ、X軸とY軸部分を送りねじとせず、ベルトドライブとしてあるから、まだ、ちょっとは軽いのかも。

ベルトドライブとゆうことで、送りねじ方式と違いバックラッシュがない分、どれだけ、寸法精度が出るのか、また、ベルト自体の伸びはどうなのか?色々未知数なところがあります。

最大加工範囲はA3サイズ+α。Z軸の移動距離は100mmちょっと。

このサイズだと、M10の送りねじでは送りスピードが遅すぎてなんだかなぁ、とゆうことで思い切ってベルトドライブ。もしかしたら、精度確保のため、リニアエンコーダーのフィードバックが必要になるかもしれません。

このサイズのフレームには理想を言えばボールネジを使いたい所ですが、高価なので、、。

CNCルーターフレームとしての製品化するのならば(要望があれば製品化)、M14の台形ねじの寸切ネジにコンバートできるようにはしたいと思います。







スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。