CUT2Dを使っていると勘違いしてしまう。

以前の依頼の切り文字とか、いろいろ切ってるんだっけれども、Cut2Dのような、DXFから割りと簡単にGコードに変換してくれる高性能?なCAMを使っていると、Gコードを読まないので切削手順とかも余り考慮せずに加工をしてしまいます。Gコードの存在がないものと勘違いをしてしまいます。

あまり加工精度のいらない、デザインだけの切削物の一品物であるのなら、それでよいかもしれませんが、量産とかになると、CUT2D等安価なCAMの吐き出すGコードは効率的ではありません。。

木製CNCルーターといえども、一応工作機械なので加工手順は重要で、正確さが欲しいところとどちらでも良い所をきっちり分けて考えないと、加工精度も落ちてしまうし、加工時間も手順次第でかなり変わってきます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ