スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スライド部分の硬さ



まだ試作中のXY軸ベルト駆動なCNCルーターフレームのY軸部分のスライドの硬さはこんなもんです。

図面を公開しているM10寸切送りねじなCNCルーターも、この程度の硬さです。

この動画のスライドシャフトの太さはφ20。リニアブッシュはシングルタイプスライドシャフト1本に対して2個づつです。

最初に作ったアルミのアングル製のスライドも、これと同じ、もしくはもっと軽かったかもしれません。

スライド部分を軽く作動させることができれば、スライドを駆動させるモーターの負荷を減らせるのでとても重要な部分だと思います。

スライドシャフトにバランスよく荷重が掛かれば無理なこじる力が少なくなり、スムーズに動くと思うのですが、重量バランスは作ってみないとわからないので。。

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。