スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッピングモーターの資料と、カップリングについて。。

新日本無線のホームページにてアプリケーションノートとして、

ドライブ回路の基本
ハーフステップの技法
マイクロステップ
ステッピングモータの基本
モーターとドライバの選択
その他、、

と、PDFファイルにて公開されています。
日本語です。
ユニポーラ、バイポーラ、マイクロステップ、どうやって回っているのかとか、書かれています。

また、オリエンタルモーターホームページ>知る学ぶ>技術資料>ステッピングモーター
にて
ステッピングモーターの構造、作動原理、基本特性、等

をPDFファイルにて公開されています。

オリエンタルモーターの資料ではカップリング剛性が装置に及ぼす影響とゆう項目が面白かったです。


カップリングの剛性は、装置全体の剛性で見ると影響が少ない場合があります

と、記述してあります。。

すべての条件に当てはまるわけではありませんが、計算していくとそうなるのだなぁ、と。。

私自身が使用しているカップリングのタイプは

鍋屋バイテック社製の

セレーションタイプとオルダムタイプです。

送りねじを使った時の非切削時の送りでは、作動トルクの基準として指で送りねじを回して軽く回ること、としているのでカップリングが捻れる程のトルクは掛かりません。

また、木工用のCNCルーターなので、切削抵抗も大して掛かりません(切込み量にもよりますが。)

市販のカップリングの剛性よりも、木製フレーム自体の剛性の方がよっぽど影響があると思います。。

理想的なカップリングはやはりリジットカップリングだと思いますが、そんなに精度よく組めません。

ベローズタイプでも、あまりにも偏心、偏角が大きいとカップリング自体が金属製なので金属疲労で折れちゃいそうで怖いです。高価なのに。。





私個人では基礎研究とかできないので、このような技術資料はとても有難いです。








9/4追記

東芝セミコンダクタのトップページより
ホーム > ニュース&イベント > e-ラーニング > ステッピングモータ

にて、もっと概略的なステッピングモーターについての記述を見つけました。

この東芝セミコンダクタのe-ラーニング、にC言語入門まで、、。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。