スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラレルポートの信号を測ってみる。



オシロスコープにて、intelのマザーボード、D2700MUDのパラレル・ポートの出力を測ってみました。
使ったソフトはLinuxCNCのステップコンフィグウィザード。
ステッピングモーター調整用のウインドウを使いました。

綺麗な矩形波でした。が、時間軸を細かくしていくとこんなかんじに。

osc2.jpg


ステッピングモーターのドライバIC自体そんなに速く反応しないと思うので影響はないと思いますが、デジタル信号といえども、測ってみるとこんな感じなんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。