スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子回路は不思議ですな。

CNC用のパラレルポートインターフェースをいろんな所にある回路図を参考に実験用として作成してみました。
SECさんのところの2相ドライバを駆動させてますが、実験用のインターフェースはSEC製のCNCインターフェースを使ったときより、ステッピングモーターが回っていないような感じ。

信号の質が悪いのか、ドライバの要求すうる電流を供給できてないのか???

こうゆう場合、オシロスコープで測るのか、ロジックアナライザで測るのか??良くわかりません。。

東芝のTB6560を使った青い中華基板も、信号の具合が悪かったのかCNCZoneにてロジック回路の位置を変更する記事が出ていたような気がします。

とりあえず、私の実験用基板は動いてはいますが、きちんと検証してみたいです。

電気は目にみえないので、、。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。