スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華奢になりやすいそうだ。

販売しているCNCフレームを作例通りに構築したものを産業用の生産機械を設計されている方に見て頂いた時のこと。

「機械設計の経験があまりない人が設計すると、華奢になりやすい。」とおっしゃられてました。

具体的には力がかかるところのボルト類を平気で細いものを使ってしまうらしいです。

これからCNCマシンを作られる方はご注意ください。



とりあえず、販売しているものは問題はないようです。

しかし、送りねじの軸端加工だけはしておいたほうが良いとアドバイスを頂きました。

確かに、寸切りボルトにDカットを入れるだけではカップリングを取り付けた時、芯が定まりにくいです。



組立構築例は、最低限の例でしかありません。

使用用途によりますが、CNCルーターとして構築する場合、ネジピッチの大きな送りネジの方が性能を発揮できると思います。



最後に、「こりゃ、マニア向けだな。」と、、、、、。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。