スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテル製マザーボードD2700MUDレイテンシテスト中。

LinuxCNCをよい環境にて使いたいので、レイテンシテスト中。
グラフィックドライバがないのが痛いが、しかたなし。

CPUの性能よりも、チップセットの具合の方がレイテンシに影響がある模様。。

Grubをいじってもいるが、なかなかうまく行かない。

LinuxCNC2.5よりも、EMC2 2.47の方が具合がよさげ。

又追記します。
追記。
色々やって見てるがう~ん、な感じ。。
試しにCNCマシン専用で使っている過去記事のマシンにて、レイテンシテストを実行。

スクリーンセーバー、システムモニタを立ち上げた状態で、MaxJitterの下の方が3037nsから微動だにしない。。
もしかしたら、このPCが異常に反応速度が早いのか??
パラレルポートがマザーボードに載ってないのでLinuxCNCのほうでも、テスト結果が載っていないノーマークな製品のはず。

そのPCをLinuxCNC専用にして、Mach用を仕立てたほうがもしかしたら早いのかもしれない。

ヤフオクにて確保しといたほうがよいのかしらん?

追記。

どうやっても、無理。20000ns付近まで行ってしまう。。。

やはりヤフオクにてG41TM-E43を、、、。

Mach3も、とんでもない設定でも動くってのは、このおかげなのか??


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。