続Shapeoko

前に紹介したShapeokoインターフェースとしてArduinoを使用してたんですね。
しかも、ステッピングモータードライバはPololuA4988StepperMotorDriverCarrier

ShapeokoのWikiにあるElectronicsのページにはArduinoによるCNCコントローラー構築の詳細が載ってます。
ステッピングドライバシールドなるものがあるんですね。

しかし、私が以前PololuのA4988ドライバの調整に関して書いた記事と、このページに書いてあるA4988の電圧調整の数値が違う。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

どちらが正解なのでしょうかね。。



USB接続だとPCの負荷が軽くなるかもしれませんし、最近のPCにはパラレルポートが無いようなので。。
ちょっと試してみようかなぁ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ