スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LinuxCNCで位置決め用のカメラを設定する。

linuxcnc_camera.png

上記の画像のように、LinuxCNCのAxis_GUI内に市販のUSBWebカメラを利用した位置決め用のカメラスクリーンを入れてみました。

LinuxCNCのWiki内の記述Embed Live Video to Axisでは、現状Liveイメージで配布されているdebianのLinuxCNC2.7のAxis_GUIにカメラスクリーンを入れることは出来ますが、画像のようにカメラ画像にオーバーレイするようにターゲットスコープ状のモノを配置することが出来ませんでした。

で、LiniuxCNCのフォーラム内を掘ってみると、CamView for Wheesy and Jessieとゆうスレッドが有りました。
2ページ目の下から2つ目の書き込み内のcampy.zipをクリックしダウンロード。
解凍した中にあるCamPY_READ.MEとゆうテキストファイル内に記してあるようにすれば、、、、、LinuxCNCのGUI内にエッジファインダーとして使えるカメラスクリーンを表示することが出来ます。

具体的には?各種ソフトウエアをインストールし、セットアップ用のCamPy_setup.pyとゆうスクリプトを実行、使用するConfigファイルのフォルダ内に解凍したディレクトリ内にあるcamview.gladeをコピー又は移動。
iniファイルの[DISPLAY]セクションに
EMBED_TAB_NAME = Camera
EMBED_TAB_COMMAND = gladevcp -x {XID} camview.glade
と記述するだけです。

外部ソフトウエア?とゆうかプラグインとゆうか、そんな感じで使うソフトウエアは、video4linux2とゆうようで、USB接続のカメラをコントロールするソフトウエアのご様子。


上の方のLinuxCNCのWiki,Embed Live Video to Axisにも書いてありますが、640x480程度の画像でも、使い方によりけりで結構正確な位置決めができるのでは?と思います。
もちろん、画像自体をモーションコントロールに使用することはできませんが、決まった位置への移動の他に、長さの解っている2点間をカメラのエッジファインダーで位置を計測、コンピュータ内の移動量と照らし合わせてキャリブレーション、とゆう使い方をすると良いと思います。
この事は単純にLinuxCNCに限らず、GRBLその他のNCコントローラーでもターゲットスコープをオーバーレイするUSBウェブカムで撮れるソフトウエアを使うことにより、キャリブレーションや正確な位置決めが行えるのでは?と思います。

ちょいと話しは逸れますが、RaspberryPiにUSBインターフェースを介さずに直接繋げるPyCameraが有ります。
USBインターフェースを使用せず、直接つなぐことで、結構なフレームレートでの表示が可能です。
PiCameraのAPIがPython等でしっかりしているので、上手に使うことが出来れば、、、とも思います。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。