Grblgui

grblguiなる、Grblのフロントエンドとなるソフトウエアです。


grblgui.jpg


使用方法はUniversalGcodeSenderと同じで

Java JDK のWindowsx86をJava SE Development Kit 7 Downloadsからダウンロード→インストール。
grblguiをダウンロード。ダブルクリックで起動。

です。


解説を見ると、JavaとOpenGLを使用してるようで、なんか、ゲームしてるみたいにグリグリ動きます。
見栄えはとてもよろしいので、でっかいモニタ使ってのデモンストレーションなんかに最適なのでは??

ひと月くらい前に更新されているので、開発は続いているのでしょうか?






多分開発者の動画。


大本のGrblも開発が続いているみたい。。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

AVR ATmegaの構成可能な生産ラインカウンタ

http://dangerousprototypes.com/より。

An AVR ATmega configurable production line counter
元サイト。http://davidegironi.blogspot.jp/
元記事An AVR ATmega configurable production line counter




私もカウンターをAVR使って作ってみたのですが、この方のATMega8を使ったラインカウンターは結構多機能。
MCUをしようするなら、こうゆうふうにつかいこなしてみたいですね。

元記事にて、ソースコード、回路図等も公開されているので、プログラム作成のおべんきょとして、参考とさせていただきます。。


この方のブログ、AVRを使って、のステッピングモーターの駆動とか、




Drive multiple (up to 12) stepper motors on Atmega using 74hc595 and "stepper04multi" library 01


もされていて他にもAVRを使った興味深い記事があります。。(私にとって)


北の国から電子工作(仮)さんも、7セグメントをArduinoでダイナミック点灯と云う記事でカウンタの表示のArduino用のスケッチを公開されてます。



色んな物を測る。パルスの数なんかはもう、人間がカウント出来るスピードではないので、どうしたって電子回路MCU等々を使わないと測る事ができません。

ちゃんと測ってみると、頭のなかで考えてたことと以外に結果が違ったりするので検証すること、と、検証できる環境を持つ事も大事だと思います。

私も、結構高価なオシロスコープをお財布が厳しいので中古で購入しましたが、電気を見る事ができるので電気的に問題がないか、とか、実際はどうなの?とか、確認することができ、とても便利、とゆうか、必需品です。

正確な計測器、電源、あると良いですね。。



MCU触るとロジアナがほしくなりますね。。



テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

個人的Grblメモ。

Grblの個人的メモ。

Mega328PへArduinoのブートローダーをAtmelStudioとISPを使って書き込む。

AE-ATmegaでATMega328pを使用。

BootloaderFile
C:\Program Files\Arduino\hardware\arduino\bootloaders\atmega内の ATmegaBOOT_168_atmega328.hex

ヒューズビット
EXTENDED 0xFD
HIGH 0xDA
LOW 0xFF

ロックビット
0xCF

参考 研究実験記 内 あみだくじの実験#3 ATMEGA328P の Arduino化まとめ

ArduinoのGRBL化とGrblコントローラー(フロントエンドの専用Gコード送信ソフト)

参考 multipleろぼっと内 CNC自作~運用編~

Universal Gcode Senderの利用方法。

Java JDK のWindowsx86をJava SE Development Kit 7 Downloadsからダウンロード→インストール。
Universal-G-Code-Senderをダウンロード。ダブルクリックで起動。


UniversalGcodeSenderScreen.jpg

v1.0.6では、Gコードビジュアライザといって、Gコード全体が見れて現状の位置が見れます。
軌跡はありません。
時期バージョンでは、TinyGやSmoothieにも対応できるようにするようです。真にユニバーサルに。。



構築価格が安くても、3軸マシンならかなり使えるんじゃないかな。
機能も余分についてないので設定項目も少ないので、簡単。




テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

MCUも、どんどん速くなっていく。






NXPの組み込み系マイコンLPCシリーズ、USBシリアルにてGコードを送信もしくはSDカード内に書き込んだGコードを再生できるCNCコントローラーボード、Smoothieboardにも、ARM Cortex-M3コアで32ビットのLPC1769が使われてます。
Smoothie On A Breadboardとして、MbedLPC1768や、LPCXpressoLPC1769評価ボードを使ってSmoothieWareの利用が可能です。



今回秋月電子から販売開始されたLPC1857ーXplorer、ちょっとお高い評価ボードですが作動速度は180Mhz。LPC4357に至ってはCortexM4とM0コアのデュアルコアで204Mhzもの高速で作動します。

また、内蔵プログラムメモリは、1MBも。。

私のするような簡単なこと、には勿体無くて使えないくらい高性能です。

Smoothieボードと同じようなUSBシリアルにてGコードをPCから送るタイプのCNCコントローラー、TinyGも、G2となり、AtmelのATXMegaから、ArduinoDueの Atmel SAM3X8E ARM Cortex-M3へ。。
 
さてさて、Smoothieも今後上位のCPUへ移行するのでしょうか??









元々組み込み系マイコン、産業用用途とかで、一旦リリースすると結構長いこと販売されるはず。
AtmelのATmega、Arduinoに使われているのでそうそう無くならないとは思いますが、お手軽でMCUの中ではとっつきやすいのでなるべく長く販売してもらいたいなぁ。。


テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

Step/Dir用のカウンタを作ってみた。



Step/Dir信号にてパルス数が見れるカウンタを作ってみました。

動画では、プッシュスイッチを信号源としているためにチャタリングが出てます。
モノクログラフィック液晶のコントロールはArduinoIDEを利用したシリアル接続で、Step/Dir信号を入力しているのは、AtmelStudioのC言語でのATMega1284Pです。

とりあえず、表示できた程度のところです^^;


モノクログラフィック液晶は、
Arduinoを使用したグラフィックLCD制御とホットプレートリフロー制御
とゆう記事内で紹介させていただいた、しなぷすさんの開発の物です。

Arduino用の液晶グラフィックシールドとして、スイッチサイエンスさんから販売されています。。




プログラム自体は書籍やWeb上を参考に、3つある立ち上がりエッジに反応する外部割り込みを使用し、カウントしてUARTにて別Arduinoに数値を送信しているだけです。
まだ、表示がこんなふうなので、ソース公開するのが恥ずかしいくらいです。

ATMegaといえども、演算装置なので、ただ単にパルスを足したり引いたりしているだけですが、数式を入れると、回転回数だったり、長さだったり、も表示させることが出来ると思います。

また、液晶表示を外部のArduinoを使用しているので、ATTiny2313でも2軸分の入力なら可能だと思います。

同様の事も、ArduinoIDEで出来ると思いますが、今後の、他メーカーの高性能MCUを触るかもしれないので、そのための練習として、とゆう意味もあり、AtmelStudioを使ったC言語でのプログラムを書いてみました。

案外安価なAVRでも、CNCで扱うパルスとか、信号とかの変換に便利かも。
電源以外のどのピンでも、汎用I/Oとして使えるし、5Vの入出力で扱いやすいし、開発環境は無償ですし、初期設定も必要最低限みたいですから、とっつきやすいMCUではないかと思います。

私の場合、C言語のお作法がとか、マクロとかが上手く飲み込めず手こずってます^^;








テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ