木製自作CNCルーターといえども、、、、

木製自作CNCルーターといえども、加工機械、工作機械なので、作り方、組み立て方により機械の精度、正確度が違います。

程々の精度、正確度をを出そうとすると測定機器のない環境では非常に難しいです。

CNCマシンは、型のデータがコンピューターの中にある倣い加工機でしかないので、直定規であるスライド部分の直角が悪ければ直角が悪いように、まっすぐでなければ曲がったように加工物が加工されてしまいます。
また、送りねじ(もしくはその他)がガタガタだと、寸法精度がガタガタになってしまいます。

しかたのないことですが、作る人、組み立てる人によりその機械の能力に差がどうしても出てしまいます。

Youtubeにて、海外の自作CNCマシンの動画が多数出ていますが、あの中で寸法精度良く正確に加工できて、「使える」機械の数は多くはないと思います。


しかし、簡略的で簡単で使える、となると、最小限なCNCマシンはMake Your Bot!のMantis 9.1 CNC Millが最低限なのかなぁ、、、と。。

Mantis9.1でさえ、部品の選定としっかりとしたフレームの加工、具合を見ながらの組立ができれば、結構な加工精度が出ると思います。

切削量が少ないと、切削抵抗も減り、フレームへの負荷が減ります。
また、小さく組むことで材料のたわみとかが少なくて済みます。これは、木製、金属製に限らず、です。

CNCマシンで加工したいもの、の大きさ+α程度の大きさにしておくと、後々の調整が楽です。


スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

パラレルポートはお手軽なようだ。。



最低限なモーションコントロールを行うのにパソコンのプリンタポートはお手軽なようです。。

この動画の作者のコメントでは、VisualBasicのプログラムから制御しているそうで。。



励磁状態がLEDで確認できるのはおもしろいですね。

はやくプログラミング言語を覚えなければ、、^^;

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

何の気なしに買ったPoKeys56Uだが、、。

エレファインさんが、PoKey56U/Eを輸入販売されてます。国内代理店??

どうもこのPoKey56、汎用USBI/Oとして販売されていたものを、この4月にMach3のプラグインのアルファバージョンを発表。

ステップパルスの出力周波数が25khzとゆうことでSmoothStepperに比べて見劣りしますが、VisualC++とかで開発したプログラムからも利用可能なようなので、購入に至りました。。

まだちょっとさわってられないのでなんとも、、、ですが、お手軽に使えそうな感じです。


ところで、大本のPoLabs、何時まで経っても世界送料無料、、。。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

電気の基礎知識?

自作CNCとはあまり関係ありませんが、電子回路や、電気回路を触るってことで面白い動画をUPしている人がいたので貼り付けさせて頂きます。。

下記動画、爆発させてるだけでなく、きちんと理論的に〜だからこうなる。と、解説してらっしゃいます。
こうすると、こうなるよ、とゆう、なかなかできないこと、わざわざしたくないことを動画にて面白おかしく解説されてます。

英語ですが、見てれば解ると思います。



Electronics Tutorial Videos








一番最後に貼りつけた動画は小さい抵抗値を測るとゆうやつで、TB6560AHQの電流制限抵抗の測定に役立ちます。


テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

L6480バイポーラステッピングモーター用ゲートドライバ

STMicroさんが、L6470だけでは飽きたらず、L6480なんてゆう手でハンダ付けするには難儀HTSSOP38なんてパッケージでバイポーラステッピングモーター用のNchFETゲートドライバなんてものを発表してます。。

どうも、L6470から、出力用のデュアルFETブリッジを取り除いた物のようで、必要な出力のFETブリッジを組んでくださいとゆう製品みたいです。

AllegromicrosystemA4988バイポーラステッピングモータードライバに対するA4989バイポーラステッピングモーター用FETゲートドライバの様なものだと思います。

L6470自体、流せる最大電流は結構あるのですがパッケージが小さすぎるので使い方によっては放熱が追いつかないとゆう懸念(私が回してみたときはそんなに発熱しなかった)があります。
L6480を使い外付けFETとしたほうが、用途的にはかなり広がるので当然のラインナップかもしれません。

評価ボードとして、EVAL6480Hがあり、外付けFETが付いています。評価ボードの回路図も公開されていますが、肝心のL6480チップ自体が市場にありませんし、評価ボードも市場にありません。
多分大手電機メーカーとかが、STMicroに問い合わせれば入手可能かもしれませんが、個人での入手はまだまだのようです。


テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ