スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作CNCルーターフレームの弱いところ。

Tablewoodcnc300_R.jpg

公開した図面のテーブルを鉄の角パイプにて補強したものです。

汎用フライスや、ホビー用フライスをCNC化したものでは多分問題にならないとは思いますが、ガントリータイプのCNCマシンでは、大抵テーブルの剛性と平面度が問題になると思います。

強度を増すために補強をしていくとどんどん重くなっていく、、、、。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

まだ、試作してます。



いろんなことを並行しているのでなかなか試作のカットが終わりません。

刃物の切れが悪くなっているのでケバケバがいっぱいです。

ちょっと加工しただけ、と思っていても結構なクズが出ます。

サイクロン集じん装置に使ったペール缶も、あっと言う間に一杯に。。

自作CNCルーターを作成しようと思われている方はごみ処理の事も考えておかないとかなりの量のゴミが出ます。

もっと刃物の径を小さくすれば良いのかもしれませんが、今度は刃物の長さが足らなくなってしまいます。

φ6の刃物でこの量なので、φ12の刃物を使うと単純に倍のクズがでる勘定ですね。。

やはり、個人使用のCNCルーターだとφ6以下の刃物でないと運用コストが掛かりすぎて大変かもしれません。



材料は木製テーブル上の捨て板に直接ビスで固定しています。
正確に加工するには、材料の固定をしっかりすることもとても大事です。


テーマ : 木工
ジャンル : 趣味・実用

マイクロステップと角度の正確度についてちょっと考えてみる。

試作のベルト駆動一軸装置、かなりとんでもないスピードで動いて驚いています。
ステッピングモーターの回転運動をプーリーとベルトにて直線運動に変換し、1回転約70mm動きます。
M10の寸切ネジを使った場合、1回転1.5mmから比べると格段に1回転の移動量が大きくなります。
ステッピングモータードライバのマイクロステップを使用しても、1パルスの移動量は格段に大きくなります。


1/16マイクロステップとして高分解能としているのですが、マイクロステップ自体の正確度が気になり始めました。


マイクロステップ自体、A相B相の中間地点を磁力の釣り合いによって作り出している位置なので、A相B相各コイルの抵抗値やインダクタンスが同じであれば電圧の比率によって正確に位置決めできるだろうけど、違っていたらそれだけ、角度誤差が増えるのでは??と。


誤差が累積してはいかないだろうけど、送り量が増えればそれだけモーターの角度誤差が、、、。
やはり、正確度を求めるにはクローズドループによる制御が必須??



以前紹介した実験で学ぶDCモータのマイコン制御術とゆう本に、ステッピングモーターの角度正確度に関する記述があります。私も余裕があれば検証してみたいです。。



いろんな資料を見ているとマイクロステップ自体元々モーターの共振による脱調を回避する技術みたいです。

市販のプリンターとかはどうやって正確度を確保しているのでしょうね。。

試作のX軸

試作物を公開してみます。
ベルト駆動なのでまるっきりプリンターって感じで動きます。

なんか、工場の搬送マシンそのもの。



動かすだけならMach3の設定で20000mm/min?!にて動きますが、手で抑えてしまうと簡単に脱調します。
ギヤ比とゆうか、なんと云うかわかりませんがモーター1回転当たりの移動距離が大きいのであまり大きな切削抵抗には対抗出来ない可能性があります。
刃物の切れに依存するかも。

モータードライバの設定では、まだ3A掛かってないので加工送り2000mm/min位なんとか、かなぁ。

あと、送りの精度は設定の仕方でなんとかなると思いますが、切削抵抗が掛かった時のベルトの伸び、たわみがどうなるか。。

小さいフレームより、加工精度は落ちるのか?、今後が楽しみです。

図面公開は検討中です。需要があるのか?も、疑問ですし。。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

電子回路は不思議ですな。

CNC用のパラレルポートインターフェースをいろんな所にある回路図を参考に実験用として作成してみました。
SECさんのところの2相ドライバを駆動させてますが、実験用のインターフェースはSEC製のCNCインターフェースを使ったときより、ステッピングモーターが回っていないような感じ。

信号の質が悪いのか、ドライバの要求すうる電流を供給できてないのか???

こうゆう場合、オシロスコープで測るのか、ロジックアナライザで測るのか??良くわかりません。。

東芝のTB6560を使った青い中華基板も、信号の具合が悪かったのかCNCZoneにてロジック回路の位置を変更する記事が出ていたような気がします。

とりあえず、私の実験用基板は動いてはいますが、きちんと検証してみたいです。

電気は目にみえないので、、。。。
ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。