スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0.01mmづつ送ってみた。



Z軸を0.01mmづつ送ってみました。
前回と同様、CNCコントロールソフトウエアによる補正はしてません。
ほぼ正確に0.01mmづつ送られていきます。

やはり、M10寸切ネジ侮りがたし。

M16の時はもっとアバウトだったんだけどなぁ。
スポンサーサイト

ステッピングモーターの駆動方式とカレントダウン。

ユニポーラタイプの2相ステッピングモーターは、コイルの中間点から各相半分づつしか同時に使用してません。反転時には逆側のコイルを使用。

対して、バイポーラタイプの2相ステッピングモーターは、2つあるコイルをフルに使用、逆回転時には流れる電気の極性を反転させて逆回転にします。

これだけ聞くと、バイポーラタイプのほうが100%モーターを使っているような気がしますが、コイルの特性上、コイルの巻線数が多いほど、モーターの回転数が上がれば上がるほど電気は流れにくくなります。

極低速域~低速域ではユニポーラタイプのモーター、駆動方式に比べバイポーラタイプの方がトルクが有り、また、モーター停止時にモーターの軸を固定しておくホールディングトルクも大きいです。

逆に、ユニポーラタイプの場合、バイポーラタイプに比べ、コイルを半分しか使っていないので電気の流れにくさも少なく、高い回転数まで回すことができます。しかし、ホールディングトルクはバイポーラに比べ少ないです。

私の作成した送りネジ方式のCNCルーターは、あまりホールディングトルクが必要でなく、高回転まで回る方が送り速度を上げることができるのでユニポーラ方式のモーター、ドライバの方が都合が良いです。

私が現在加工用に使用しているCNCルーターでは、ネジのリードが20mmのボールネジを使用しています。
モーターはオリエンタルモーターのPK268-03 56角長さ76mmの物です。

これくらいのネジのリードでも、切削抵抗に負けず脱調しない位のトルクがあるのでもっと小さなリードのネジではこれほどのホールディングトルクは必要ないと思われます。


 ステッピングモーターは定格で使用しているとかなり熱くなります。触れないくらいといえば大げさかもしれませんが、大丈夫か?ってくらい熱くなります。定格の70%程度で使用すればかなり発熱は抑えることはできますが、トルクと最高回転数が犠牲になります。

上で書いたように、モーター停止時のホールディングトルクは目一杯必要ではありません。
また、止まっている時に設定した電流がモロにモーターに掛かってしまうので停止時から、極低速回転時にモーターは熱くなりやすいようです。

そこで、停止している状態のときにモーターに掛かる電流を下げるカレントダウン回路があると、モーターの発熱を抑える事ができるし、無駄な電気を消費しません。

私がたまたま選択したSEC SUZUKI社製の2相ユニポーラドライバと、CNCインターフェース基板にはこのカレントダウン機能(自動)が付いています。また、カレントダウン時の電流量も設定できます。

CNCルーター運用前にCNCに取り付けずステッピングモーターを回していた時にはモーターの加熱はあまり気にはならなかったのですが、運用を始めてから信号用の配線を後からしました^^;

2相ユニポーラ基板単体にも、制御ソフトからの信号でカレントダウンできる端子も付いていますが、Mach3の場合カレントダウン用の出力(CurrentHi/Loだったかな?)一つの信号ですべての軸をカレントダウンするので、(スクリプトを書けばなんとかなるのでしょうか?)すべての軸が止まらないと信号がでません。

私のCNCの運用の仕方ではモータードライバのカレントダウン入力だけでは不十分で、自動カレントダウンの方がステッピングモーター、ドライバICの発熱を抑えることができます。

なので、公開したCNCルーターの図面の作例(まだ書き上げれてませんが、、)には上記のドライバと、CNCインターフェースを使用します。

SECさんが、公開されている回路図を見るとドライバICのREF電圧を操作しているようなので、FETブリッジを使用しているバイポーラタイプのドライバICでも、同様の動作をさせることが可能だと思われます。

海外の自作ステッピングモータードライバの回路図を見ても、カレントダウン回路がついた物を見たことがありません。
オリエンタルモーターなどのモータードライバには自動カレントダウンの機能がついてますし、海外のGekkoDriveのステッピングモータードライバにも、自動カレントダウンがついています。

続きを読む

これ、欲しい。



http://makeymakey.com/

CNCにはあまり関係なさそうだけど^^;

面白いインターフェースを作れそう。

こんなものでも結構便利。

LED

LEDに抵抗を付けただけのもの。
CNCインターフェースの出力に取り付けて、どんな信号が来ているか確認するのに便利。
ステッピングモーターのパルスみたいに速い信号ではなく、ソリッドステートリレーとかの信号を確認できる。

Mach3のOutputでよくわからないものとかの確認も、ピンを指定して試してみるのに便利。
どうすると信号が変化するか。
テスタでは直感的にわかりづらかったりするので光るとよく分かります。。

台形ねじは送りネジ。

三角ネジは汎用ネジ。
角ねじは強度締め付け用

と、高校で習った気がします^^;

三角メートルねじを送りネジに使用していると、結構ねじ山が削れます。
鋼材ではなく、鉄?だから??

台形ねじも汎用部品なのでベアリングメーカーや、その他高精度な機械部品メーカー以外にも販売されています。

このブログのリンクの中にあるねじNo1.comさんや、その他ネットでネジを販売しているところで入手可能です。

もちろんネジ自体は鋼材(orステンレス)で、ナットは鉄です。
ナットも、通常の6角ナットはもちろん、ちょっと長めの6角ナットや丸ナットもあります。

ただ、三角ねじのように大量には生産されてないので案外ナットは高く感じてしまいますが。。
ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。