スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Autodesk社の123Dシリーズ。



無償で提供されている123Dとゆうモデリングソフト、写真データから3Dデータを作り出す123D Catchと、3Dデータを2Dカットパターンに変換する123D Makeとバリエーションを増やしてます。





出力するにはCNCマシンが必要ですね。。

画面上の物が実際「物」になると面白く感じますよね。

CADで図面を書いて実際CNCルーターにて加工してみると考えてた感覚的な大きさと多少ギャップがあり、不思議な感覚に陥ります。。
スポンサーサイト

ユニポーラとバイポーラ。 実験の結果。

たまたま手に入ったモーターがユニポーラ方式のステッピングモータだったので、サンケン電気製のドライバICの載ったエレメカホビーショップSEC2相ドライバーキットを購入、使用しました。

送りネジにネジピッチ2mmの寸切M16を使用した機械で、脱調しない最大速度は26.6mm/s程度。また、加工送りは10~17mm/sにて使用してました。

モータードライバーの設定として3Aまででしたが実際の使用時の設定は2A~2.5A程度。
3Aもかけるとかなりモーターが暖かくなるので少々控えめでの使用でした。
また、最大回転数でのトルクはドライバの設定値が2.5Aでも3Aでもあまり変わらないようだったので。。


バイポーラ駆動用のIC、AllegroMicroSystems社製のA4983や、東芝のTB6560AHQを試してみると、設定電流、電圧の具合もあるのだと思いますがユニポーラタイプのドライバに比べて回転数が上がるとトルクの落ち込みが早く、小さなピッチの送りネジのCNCルーターにはあまり向きませんでした。

バイポーラ駆動でも木工用途であるならば、送りネジ方式ならネジピッチが20mm以上のボールネジか、多条ねじを使用すれば低回転でのトルクがあるのでかなりの送り速度を確保できると思います。

海外で流通している自作用?のステッピングモータードライバ、ドライバICはバイポーラ方式ばかり。。






ステッピングモータードライバ、自作と製品の違い。

オリエンタルモーターのショールームに行った時に、自作ステッピングモータードライバと製品のステッピングモータードライバは違うのか?とゆうのも聞いてみました。

結論から言えばモーターを回すだけなら同じだそうです。
大手メーカー製だからといって通常のDC入力タイプならトルクや最高回転数が上がるわけではないそうです。

製品はさらに各種機能と工業用途ようなのでそれなりのテスト、品質と製品の保証でそれなりのお値段になってしまうそうです。。


しかし!オリエンタルモーターのAC入力タイプのドライバはAC電源を整流して制御しているそうでステッピングモーターに100V以上電圧が掛かるそうです。

それも、AC入力専用のステッピングモーターではなく通常の物(カタログを見ると42,56角)と同じでドライバだけの交換ができるそうです。


私が使わせていただいているエレメカホビーショップSECCNCインターフェース基板はオリエンタルモーターのドライバの差動入力に対応しているので、お財布に余裕があれば試してみたいものです。


オリエンタルモーターの100V入力で脱調してももとに戻すドライバを発売してから、ロボットへのステッピングモーターの使用が増えたそうです。







ステッピングモーター、国産と海外産の違い。

秋月で買ったモーターから、トルク曲線やデータがちゃんとあるオリエンタルモーターのPK268 56角2相ユニポーラタイプに交換した時、もちろんモーター自体が大きくなった事もありますが、かなりトルクが増えたように思えました。

以前町に出かけた時にオリエンタルモーターのショールームに行って技術の方に色々疑問に思うことを聞いて来ました。

国内産のと海外産のステッピングモーターの違いは内部の隙間なんだそうだ。

海外産は余り隙間が小さいと組み付けづらくなってしまうので広め。

コイルと磁石の距離は近いほうがひっつく力も反発する力も大きくなるので隙間は小さいほうがより大きな力を出力できる。とゆうことらしい。



さらに、内部磁極の加工精度も違うんだそうな。

同じ形式で作られた物ならまず日本製の方がトルクが出るそうです。

それと、磁極の加工の具合から1ステップずつの回転が均質だそうです。

と、ゆうことはマイクロステップさせた時の精度も均質だってことになりますね。。









試作中。

ブログのお題が木製自作CNCとゆうわりには、自作してないじゃないか!!とゆわれる前に画像を載せておきます。


PWoodCNC.jpg

試作中です。。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。