スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DraftSight

 CNCルーターや、CNCフライスをMach3やEMC2で動かす場合、Gコードと呼ばれる動きを指示するスクリプトが必要になります。

いきなりGコードを頭の中で考えてテキストエディタにて入力もできないことはありませんが複雑な形状を表現するのはとても難しいです。

大抵CADや3Dモデリングソフト、ベクトルデータの出力できるソフトにて絵を書き、そのデータをCAMと言われるソフトを使用して切削条件等を決定しGコードに変換します。

私は普段CADはVectorWorks、CAMとしてNCVCを使用しています。
NCVCが直接読めるJW_CADを素直に使えばいいのですが、なかなか使い慣れたソフトを乗り換えることも面倒なのでVectorWorksからDXFファイルに出力させて使っています。

しかし、VectorWorks自体DXFを直接読めず、インポートとゆう形でしか表示できないのでフリーのDXFのビューワーソフトがないかな?と探していたら、SolidWorksJapanのサイトに無償提供されているDXFが直接読み書きできる2DCADDraftSightを見つけました。

SolidWorksとゆうと3DCADでとても多機能で高額な製品。
その会社が2DCADを標準で使っている会社に3Dのソリッドワークスに移行してもらう為に無償提供されているDraftSight
ありがたく使わせて頂きます^^

ダウンロードにはメールアドレスが必要で、使用には個人情報さらにDraftSightによる定期的なアクティベーションが行われる(ソリッドワークス社は使用頻度の統計しか送らないと言ってるが、、)が、この会社の製品を試せるのならまぁいいかな?と。。。

とりあえず、今のところDXFビューワーとしてしか使ってませんが。
もちろんソフトは日本語表示。
PDFで日本語マニュアルもダウンロードできます。


ところでこの会社、ダッソーグループになってたんですね。

ダッソーといえばフランスのデルタ翼の戦闘機ミラージュシリーズ。

あ、そうそう。
このソフトのとっても素晴らしいところはWindowsシリーズのみならず、MacでもUbuntuでも動くところ。
プラットフォームが違えど同じソフトが何も考えずに使えることは有難いです。















スポンサーサイト
ライセンス
アクセスカウンター
プロフィール

あきらひとし。

Author:あきらひとし。
木工用CNCルーターフレームと、ステッピングモータードライバを作ってみました。
たぶん記事は一般的な人には殆ど必要のない事ばかりなの、かも。

モーターは回るだけでも楽しい。制御(速度、トルク、位置)できるともっと楽しい!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク 
スポンサードリンク
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。